生活習慣による病気を生活習慣病と言います。 生活習慣病には糖尿病、高脂血症・高コレステロール血症、肥満、高血圧症、循環器病、慢性気管支炎、アルコール性肝疾患、がんなどがあります。 生活習慣病は成人病と呼ばれていました。 生活習慣病という名称に改められたのは近年小児による成人病の増加とともに加齢によるものではなく生活習慣を見直すためです。 喫煙、運動不足、ストレスなど毎日の生活習慣を見直し健康的な生活をめざしましょう!


ラジオ体操健康法


生活習慣病を予防するためには運動が良いと分かってはいるのですが、なかなか定期的な運動は難しいと感じてしまいます。

最近、数人から聞いた話ですが、意外に良いといわれているのがラジオ体操。
子供の頃、夏休みになるとハンコを押してもらって毎日行っていたあのラジオ体操のことです。

考えてみると、簡単にできるし、特にハードな運動でもありませんよね。
健康の為に始める運動は、無理せず長続きするものに限ります。

ウォーキングが人気なのもあまり無理することなく続けられるからではないでしょうか。ラジオ体操も続ければ、基礎代謝が1割アップすると言われているそうです。

Amazonで検索するとラジオ体操に関する健康本がたくさん発売されています。
「CD付 図解 本当はすごい「ラジオ体操」健康法」
「素晴らしきラジオ体操」
「やせる!脱・メタボ!オリジナルCD付 ラジオ体操ダイエット」など。

ラジオ体操をマジメに毎日続けると、運動不足解消だけでなく、腰痛や肩凝りが解消されたりといった効果もあるようです。
体を動かすことで新陳代謝がよくなってアンチエイジング効果も上がれば嬉しいですよね。

健康本にはCDやDVDがついているものが多く、とくにラジオがなくても思いついた時にできるようになっています。

ということで、私は今朝、某国営教育放送をみながら体操してみました。
テレビでは「テレビ体操」と言う名前で、ラジオ体操1か2の前にオリジナルの体操を説明を交えながら行っていました。

オリジナルの体操はその場でやることになるのでテレビをよく観ていなければ分からないかも。
朝早起きして子供の頃のようにラジオで体操する方が簡単で習慣化できてよいかもしれませんね。



生活習慣病〜Let's生活習慣病予防!top

Copyright - © 生活習慣病予防! 2005-2006 All Rights Reserved

朝バナナダイエットと運動


一時期バナナがスーパーなどの市場から姿を消してしまうほどの社会現象にもなった朝バナナダイエット。

もともとはmixiの体験談からネットで話題となり、本も出版されたのが朝バナナダイエットでした。

その後、黒柳徹子さんの番組TBS「ドリームプレス社」のダイエット特集で、森久美子さんがチャレンジし、その手軽さに全国でブームとなり、バナナ品切れ現象を起こしました。

テレビの時代は終わったといわれるものの、全国的にバナナダイエットが認知されたのはやはりテレビの力が大きいと思います。

さて、バナナダイエットは特にバナナに特化したものではなく、キーウイでもリンゴでも同じ種類の果物だったら良いそうです。

とにかく、朝は同じ種類の果物を食べ、他にとって良いのはお水だけ。
数に制限はありませんので、バナナを2本食べようが3本食べようが良いようです。

後は、寝る4時間前からは何も食べないというルールがあるだけ。
それさえ守れば、昼食も夜ご飯も好きなだけ食べてよいそうです。

たまたま身近に朝バナナダイエットに取り組んだ友人がいたので経過観察してみました。
友人は、それまで「朝はきちんとした食事を摂らなければいけない」と思っていたそうです。
でも、朝バナナにしてみたらお昼までの体がなぜか軽いとのこと。

この友人は、メタボの容観察ということで健康指導付きだったのですが、朝バナナダイエットに加えて、エアロバイクを毎日30分〜60分漕ぐことによって2ヶ月で6kg体重を落とすことに成功しました。

生活習慣病〜Let's生活習慣病予防!top

Copyright - © 生活習慣病予防! 2005-2006 All Rights Reserved

カテキン緑茶


メタボ対策、生活習慣病対策してますか?

運動することができればそれに越したこともありませんが、なかなかそんな時間もない方に最近ぞくぞく登場しているトクホ(特定保健用食品)をご紹介しましょう。

トクホは健康機能の表示を厚生労働省から許可された食品なのである程度の研究実績があるワケです。

サプリなどもあるようですが、やはり手軽にとれるのはお茶です。
お茶でトクホの場合、食事と一緒にというのがキモのようですよ。

コレステロールが気になる方には、伊藤園から出た「引き締まった味 カテキン緑茶」。高濃度な茶カテキンがコレステロールの吸収を抑制し、低下させてくれるそうです。
さっそく家族が飲んでいるのですが、カテキンが濃いと胃に負担がきたりするけどこれはそういうことがないといっておりました。

中性脂肪が気になる方には、サントリーの「黒烏龍茶」、花王の「ヘルシア緑茶まろやか」などが出ています。ポリフェノールや茶カテキンが脂肪が吸収されるのを抑えてくれるそうです。

血圧が高い方には、サントリーの「胡麻麦茶」。ゴマペプチドの作用がカギのようです。ほかにも小林製薬の「杜仲茶」。杜仲茶配合体ゲニポシド酸が副交感神経を刺激し、血圧が上がるのを抑えるようです。

血糖値が気になる方には、カルピスの「健茶王」、ヤクルトの「蕃爽麗茶」、アサヒ飲料からは「食事と一緒に十六茶」がでています。
難消化性デキストリンを配合し、糖質吸収を抑えたり、ポリフェノールが糖の体内吸収を穏やかにしたりするそうです。

生活習慣病〜Let's生活習慣病予防!top

Copyright - © 生活習慣病予防! 2005-2006 All Rights Reserved

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。